Hotels.com について

Hotels.com ™ operated by Hotels.com, LP is the world’s largest hotel reservation site. Hundreds of thousands of accommodation facilities worldwide can be booked from major hotel chain and all inclusive resort to B & B. In addition, we provide a wealth of information necessary for reserving the desired facilities

言語を選択してください
Hotels.com Hotel Price Index™ 2016
  • 日本人旅行者が海外の宿泊施設で支払った宿泊料金

ø
=
-
+

75 都市の一覧をダウンロードできます

2016年に日本人旅行者が世界の人気上位30都市で支払った1泊あたりの平均宿泊料金
ファイルをダウンロード
日本 : 円高が海外旅行を後押し

2016 年を通して続いた円高により、日本人のビジネス旅行者および休暇旅行者の購買力がともに高まりました。その結果は如実に現れており、11 月までの海外旅行者数は 5% 以上の増加となりました。全体的に、2016 年に世界の人気上位 75 都市において日本人旅行者が支払った宿泊料金は低下しており、前年比 85% に留まっています。これには宿泊施設自体の料金値下げが大きく関わっており、アジア、ヨーロッパ、中東およびアメリカなど世界的に 2 桁におよぶ低下率を記録しています。特に、昨年に続き日本人訪問者にとって最も値ごろ感が高いアジアで支払われた宿泊料金の低下が顕著です。

    • 海外旅行で最も人気の高い地域 : アジア
    • 値ごろ感が最も高い地域 : アジア
    • 平均宿泊料金が最も上昇した都市 : コペンハーゲン (8% 増)
    • 平均宿泊料金が最も低下した都市 : ヤンゴン (28% 減)

 

ミャンマー

日本人旅行者が世界の人気上位 75 都市で支払った宿泊料金

アジア

  • これまで同様、アジアは日本人旅行者が支払った宿泊料金が最も低い地域です。2016 年の平均宿泊料金が最も低い都市のうち、25 都市中 23 都市がアジア地域にありました。また、人気上位 75 都市のうち、半分に迫る 32 都市がアジアにあります。さらに上位 3 位がソウル、バンコクおよび台北であるばかりでなく、上位 10 都市のうち 6 つがアジアの都市です。
  • 平均宿泊料金が前年比で最も低下したのはミャンマーでした。一方、フィリピンのアンへレス シティはアジアで唯一、平均宿泊料金が上昇した都市です。しかしながら、その上昇率はわずか 1% に留まっています。
  • タイのチェンマイは日本人旅行者が支払った宿泊料金が最も低い人気都市でした。次いでフィリピンのアンへレス シティとセブが挙げられます。タイは依然として、日本人旅行者にとって値ごろ感の高い地域であり、年間の訪問者数も最高記録に達しました。
  • 日本人旅行者が支払った宿泊料金が最も高い都市は、グアムのタムニンでした。シンガポールが 2 位、フィリピンのラプ ラプが 3 位です。
  • また昨年 11 月までのデータではシンガポールへの観光が人気で、訪問客数では 8% 増加しています。人数が増加した一方で、2016 年にシンガポールで日本人旅行者が支払った 1 泊の平均宿泊料金は、世界の平均宿泊料金を 12% 下回っています。
「2016 年も、日本人旅行者にとってアジア全域は大変値ごろ感のある地域だったといえます。また大多数の人気都市の宿泊施設が宿泊料金を値下げしたのも大きなポイントでしょう。加えて、円高効果により日本人の旅行に対する概念が刷新され、リーズナブルに長期滞在を楽しんだり、より豪華なひとときのために宿泊施設をアップグレードしたりする人々が増える傾向にありました。」– Hotels.com 副社長 (アジア パシフィック担当) アビラム チャウドリー (Abhiram Chowdhry)
2016 年に日本人旅行者がアジアの人気都市で支払った 1 泊あたりの平均宿泊料金 (円) および前年比
都市 2016 年 2015 年 変化率 (%)
タムニン(グアム) 米国 25,572 26,922 -5%
シンガポール シンガポール 18,244 20,835 -12%
マカオ マカオ 18,010 21,217 -15%
ラプラプ フィリピン 17,914 18,799 -5%
台北 台湾 12,107 13,658 -11%
ソウル 韓国 10,119 10,863 -7%
ヤンゴン ミャンマー 9,320 12,889 -28%
バンコク タイ 8,999 9,999 -10%
セブ フィリピン 6,660 8,051 -17%
アンへレス シティ フィリピン 6,544 6,461 1%
チェンマイ タイ 6,014 6,916 -13%
ニューヨーク州

北米

  • 米ドルに対する安定した円高に伴い、米国の人気都市 12 都市すべてにおいて、日本人が支払った平均宿泊料金は低下しました。
  • 世界の人気都市上位 10 都市のうち米国の都市は 2 つあり、どちらも日本人が支払った平均宿泊料金が最も高い都市に数えられます。日本人旅行者が支払った平均宿泊料金が最も高い都市はホノルルでした。金額としては大幅に低下しましたが、ニューヨークもまた 1 泊の平均宿泊料金が非常に高い結果となっています。ニューヨークへの訪問者数は 6 千万人を超え、7 年連続で訪問者数の増加を記録しています。
  • 訪問者数が最高記録を達成したもう1 つの都市はラスベガスです。世界の人気都市上位 10 位にはわずかに届きませんでしたが、常に値ごろ感が高く、2016 年の平均宿泊料金が上昇しなかった都市でもあります。
  • 上半期には宿泊施設の稼働率がゆるやかに低下しました。オーランドはアメリカで日本人旅行者が支払った宿泊料金が最も低かった都市で、次いでラスベガス、サンディエゴとなっています。
  • ボストンは、ニューヨークおよびサンフランシスコを抑えて宿泊料金の低下が最も高かった都市で、その低下率は 16% に上ります。また、2016年は、米国大統領選挙の年であったため、ワシントンへの注目が集まりましたが、こちらも宿泊料金は低下しました。
  • カナダでは平均宿泊価格の上昇・低下、両方のの結果が出ており、バンクーバーでは 2% 増、トロントでは 2% 減となっています。
2016 年に日本人旅行者が北米の人気都市で支払った 1 泊あたりの平均宿泊料金 (円) および前年比
都市 2016 年 2015 年 変化率 (%)
ホノルル 米国 33,216 34,017 -2%
ニューヨーク 米国 28,780 32,399 -11%
ボストン 米国 27,522 32,709 -16%
サンフランシスコ 米国 25,041 27,811 -10%
ワシントンD.C. 米国 23,575 25,974 -9%
バンクーバー カナダ 19,010 18,606 2%
ラスベガス 米国 16,601 16,540 0%
トロント カナダ 15,933 16,236 -2%
オーランド 米国 15,472 16,681 -7%
サンディエゴ 米国 17,793 18,755 -5%
バルセロナ

ヨーロッパ

  • ヨーロッパには世界の人気上位 75 都市のうち 20 都市があり、平均宿泊料金は 5 都市を除き前年度並みまたは低下という結果になりました。
  • パリおよびニースで起きたテロ攻撃後、安全面の懸念に伴いフランス国内のホテル稼働率は落ち込みましたが、依然としてパリは日本人旅行者に最も人気のヨーロッパの都市です。
  • ロンドンは 2016 年度も日本人旅行者にとって 2 番目の世界の人気都市でした。平均宿泊料金は 15% 以上低下しましたが、これは 2016 年 6 月の EU 離脱投票にともなうポンドの下落が主な原因と考えられます。2016 年下半期に支払われた宿泊料金を見ると、低下率が 20% に達していることが分かります。
  • 1 泊の平均宿泊料金の大幅な低下にも関わらず、ロンドンは 2016 年に日本人観光客が支払った宿泊料金が最も高いヨーロッパの都市でした。次いでベネチア、コペンハーゲンが挙げられます。ヘルシンキ、コペンハーゲンは平均宿泊料金の上昇率が最も高かった都市です。
  • スペインの観光は躍進しましたが、日本人旅行者が支払った平均宿泊料金はバルセロナで横ばい、マドリードではわずかに低下しました。
  • 平均宿泊料金の低下率が最も高かったのは、フランクフルトおよびブリュッセルの 20% 減、ミラノの 18% 減です。
「ヨーロッパは同年、日本人旅行者にとって紛れもなく値ごろ感の高まった地域でした。最も人気がある各都市の宿泊施設で 3% ~ 20% も宿泊料金が低下し、お得に滞在できたことが理由であると考えられます。」– Hotels.com 副社長 (アジア パシフィック担当) アビラム チャウドリー (Abhiram Chowdhry)
2016 年に日本人旅行者がヨーロッパの人気都市で支払った 1 泊あたりの平均宿泊料金 (円) および前年比
都市 2016 年 2015 年 変化率 (%)
ロンドン 英国 21,291 25,427 -16%
ベネチア イタリア 20,012 20,929 -4%
コペンハーゲン デンマーク 19,881 18,421 8%
パリ フランス 18,278 21,722 -16%
バルセロナ スペイン 17,585 17,605 0%
ヘルシンキ フィンランド 16,219 15,145 7%
フランクフルト ドイツ 13,615 17,025 -20%
リスボン ポルトガル 13,450 13,060 3%
マドリード スペイン 13,179 13,635 -3%
ブリュッセル ベルギー 12,507 15,707 -20%
ドバイ

その他の地域

  • 2016 年の訪問者数が最高記録に達したカンクンは、平均宿泊料金自体は低下したものの、依然として高水準を保っています。
  • ドバイでは、5 つ星の宿泊施設の 40% 以上が 2016 年も比較的高い平均宿泊料金を維持しました。一方、施設の稼働率はやや下がり、現地で日本人旅行者が支払った平均宿泊料金は同年全体で 20% 近く低下しました。
  • オーストラリアは 2016 年も人気の訪問先で、世界の人気都市上位 75 都市のうち 5 都市が同国にあります。平均宿泊料金はいずれも低下し、パースは 19% という最も高い低下率を記録しました。  
2016 年に日本人旅行者が世界の人気都市で支払った 1 泊あたりの平均宿泊料金 (円) および前年比
都市 2016 年 2015 年 変化率 (%)
カンクン メキシコ 32,915 35,083 -6%
ドバイ アラブ首長国連邦 20,346 25,166 -19%
シドニー オーストラリア 17,230 18,407 -6%
ゴールドコースト オーストラリア 15,219 16,701 -9%
オークランド ニュージーランド 14,205 13,357 6%
ケアンズ オーストラリア 13,928 14,696 -5%
メキシコ シティ メキシコ 13,567 13,231 3%
パース オーストラリア 13,099 16,212 -19%
メルボルン オーストラリア 12,924 14,265 -9%
古いブラウザ ― このサイトを正しく表示するためには、ブラウザを更新してください。